リサイクルが可能な土質改良機で無駄をなくそう

廃棄物を再生土に変える

工事現場

土質改良機は現場で発生する残土を再生土にリサイクルする機器で、廃棄物として処理されずにリサイクルすることができるので、環境にも好影響を与えます。土質改良機は限られた現場で使われるものになり、長年の経験が必要になる重機です。

詳しく見る

オススメ記事

Menu

効率化とリサイクルに

ヘルメットを持つ人

土質改良機はマイナーな機械ですが、年々使用される場面が増えています。なぜかというと、運び出しにかかる手間とコスト、時間が削減でき、廃棄物の処分にも役立つためです。災害防止にもなることから注目されています。

詳しく見る

2大メーカーの選び方

作業員

土質改良機の中でも自走式のものが人気が高く、現場ではほぼ2つのメーカーの土質改良機が使われています。1つは大きな砂礫が混ざっても作動でき、もう一つは処理速度が早く、良質な土が得られるところが特徴です。

詳しく見る

機械の使用にかかる費用

工事現場

土質改良機は、工事現場などで発生する粘土性の土を高品質な状態に改良していく機械です。土質改良機を使用するには、購入よりかはレンタルを利用したほうが経済的にもお得です。ただし、レンタルはその他の費用が伴うこともあるので、事前によく把握しておかなければいけません。

詳しく見る

土木建築での地盤改良

作業員

土質改良機は主に土木建築の現場で利用される重機のひとつです。土木建築の工事においては地盤の状態が重要であり、地盤によっては大規模な改良工事が必要になります。土質改良機は現場で発生する土砂の土質改良を行うための重機で作業の効率を上げるほかコスト削減にもつなげることができます。

詳しく見る

リテラ工法のメリット

メンズ

自走式を使う

リテラ工法とは、建設や土木の現場の整地作業において発生する土砂の土質を改良して、その現場で再利用するというものです。これまでの土質改良工法では一度、現場の土砂を掘り下げ、固化材の入った新たな土砂を入れることによって、これによって土質を安定させるというものでしたが、これらを行うにはトラックによる搬出と搬入の両方が必要であり、そのため工費も工期も大きなものです。しかしリテラ工法では現場で土砂を採取して土質改良機によって土質を改良することができ、それらを利用するので無駄な作業を大幅に削減することができます。リテラ工法を可能としたのが、土質改良機の存在です。土質改良機はフルイ機で選別された土砂に対して固化材を添加するための重機で、これによって現場で土質改良をした土砂を作り出すというものです。これまで工場のプラントで行われてきたものを現場に持ち込むことによって運搬コストを大幅に削減することができます。また据え置き型土質改良機のほかにも自走式土質改良機もあり、自走式であれば現場を移動しながら土質改良が可能で広大な土地の地盤改良などに用いることができます。土質改良の用途としては従来の埋め戻しによる地盤改良や盛土などのほかアスファルト舗装の下地である路床構築や未舗装の仮設道路の耐久性を高めるといったことにも使えますし、土質改良された土は周囲の土よりも強固な状態ですので地滑りを改善したり河川改修などにも使われています。

Copyright© 2017 リサイクルが可能な土質改良機で無駄をなくそう All Rights Reserved.