リサイクルが可能な土質改良機で無駄をなくそう

Menu

2大メーカーの選び方

作業員

土の質で決定する

土質改良機は石灰やセメントなどの添加剤を使い、工事現場で出た残土を良質な土に改良するための機器です。土質改良機は大きく分けると自走式かそうでないかに分けられますが、使い勝手が良く人気の高い機種は自走式の土質改良機です。自走式なのでけん引されずに現場まで移動することができるので、使い勝手がよいと評判です。自走式の土質改良機で人気の高いメーカーが2つあり、他メーカーも土質改良機を作っていますが、土質改良機は経験が必要な重機なので、同じメーカーの機器を継続して使うことが多いため、稼働している土質改良機はほとんど2つのメーカーで占められています。2つの土質改良機の違いは、混合室の形状と添加物と残土の混合方法が異なります。1つは、大きめの砂礫が混ざった場合でもカッターとハンマーを使って叩き壊しながら混合します。砂礫の大きさの選別を細かくする必要がないので前処理が簡単になります。ただあまりに過信しすぎるとカッターやハンマーが破損してしまう可能性があるので注意して下さい。もうひとつは、シャフトにパドルがついていてパドルで添加剤と残土をかき混ぜます。大きな砂礫が混ざるとパドルの摩耗が激しくなったり、破損したりする危険性がありますが、きちんと選別されていれば処理速度が早く、良質な土が得やすい特徴があります。粘土質や水分が多い土を再生するには前者が、塊が混ざりやすい現場や原料の場合には後者を選んだ方が良いでしょう。

Copyright© 2017 リサイクルが可能な土質改良機で無駄をなくそう All Rights Reserved.