リサイクルが可能な土質改良機で無駄をなくそう

Menu

廃棄物を再生土に変える

工事現場

環境にも好影響

ブルドーザーやクレーン車など建物や道路を建築するのが重機の役割と考える人が多いですが、工事現場や建築現場では、多くの廃棄物が発生していて、その処分をする義務が業者にはあります。大量のがれきや砂や土を処理して、上質な土にリサイクルするのが土質改良機です。土質改良機はある程度小さめの砂や土に添加剤を混ぜることによって盛り土などに利用する土を製造します。土質改良機を使わなければ廃棄物として処理するしかなかった、残土を盛り土として再利用でき、今までは山を削って作った山砂を盛り土に使っていたのと比べて、環境に優しく、コスト的にも安く作ることができます。土質改良機は一般人があまり見ることがなく、限られた場所で使われる重機で、操作する人によってリサイクルして作る土の質が変わってきます。メーカーによって使用方法はもちろん定められていますが、長年の経験を必要とする重機なのです。最も気を使う部分が、添加物に何を使って、どれくらいの量を使うかを決めることです。一般的には5%程度の添加物を入れますが、正確に投入するためには微調整が必要になります。再生した土は自治体によって定められた基準を満たしていなければ使用できないため土質改良機は添加物の量を自治体に報告する機能もついています。土質改良機はどの業者も所有しているわけではなく、必要なときにレンタルするところもあり、購入する場合でも中古機種を購入することもあり、使用頻度を考えて決めて下さい。

Copyright© 2017 リサイクルが可能な土質改良機で無駄をなくそう All Rights Reserved.