リサイクルが可能な土質改良機で無駄をなくそう

Menu

効率化とリサイクルに

ヘルメットを持つ人

利用が増えている理由

土質改良機は、クレーン車、ダンプトラック、ブルドーザーなどといった重機と比べるとややマイナーな重機です。土砂を掘り出す作業があり、なおかつその土砂を再利用しようと思うときに必要になる機械です。そのため、新品で購入しようとしてもメーカーに在庫が無く、納車まで時間がかかるということがしばしばありました。ですが、近年は土質改良機のニーズは高まってきています。土砂を掘り出す場面や、盛り土をする場面で使われるのを見ることも増えてきています。なぜこのような傾向が出てきたのかというと、工事場面での手間とコスト削減、土のリサイクルに役立つためです。掘り出した残土を運び出すには時間も手間もかかります。また、どのように処分するかという問題もあります。掘り出した土はそのままでは水分が多かったり土の塊が混ざってたりしているので、そのまま埋め立てるのにも問題があることが多いのです。埋め立て地までの運搬にかかるコストも時間も馬鹿にできません。土質改良機を使い、掘り出した現場で土質改良を行えば、運び出す手間と時間、コストが削減できます。さらに再利用できることになるため、廃棄物の削減にもなり、環境にもよいといいことづくめです。また、軟弱な土を土質改良機で改良して再度埋め立てれば、土砂災害の防止にもなります。水害の多い日本では重要なポイントです。このような理由から土質改良機は徐々に使用が増えており、土の再利用率も年々向上してきています。

Copyright© 2017 リサイクルが可能な土質改良機で無駄をなくそう All Rights Reserved.