リサイクルが可能な土質改良機で無駄をなくそう

Menu

土木建築での地盤改良

作業員

土質改良をする

土木建築においては地盤の状態を一定の水準にまで改善することが求められます。特に軟弱な地盤の場合には建物を建てたり道路を作っても、長期的な目で見れば沈下や流出の恐れがあり、安全で安心したものを作るためには地盤改良は欠かせないものです。地盤改良においては軟弱な地盤を取り出して、改良土を入れる方法が一般的ですが、この場合には土砂の搬出と搬入といった作業が必要になります。また取り出した土も処分しなければいけません。このため無駄の多い作業になります。一方で現場で固化材を混ぜるといった方法も行われますが従来のショベルカーのような重機で混ぜ合わせる場合には均一な土質改良は行なえません。このような問題を解決したのが土質改良機です。ショベルカーによって採取された土を粗選別機に掛けて、岩や瓦礫などを取り除き土だけを採取します。さらに採取された土は土質改良機によって固化材と混ぜ合わせることによって改良土を現場で作ることが可能になります。土質改良機を導入するメリットとしては現場の土をその場で再利用することができるということで発生する残土の処分量を減らすことができるほか搬出、搬入の作業を大幅に減らすため工費や工期の削減に繋がります。土質改良機の選び方としては、使用される現場で求められる改良土の量によって変わってきます。大規模な造成の場合には大型の改良機を使う方が効率が良いですが、削るといった場合には改良土の求められる量は少ないため小型のものでも間に合います。また現場に合わせて工事をする必要があるため継続的な使用が前提ではない場合には購入よりもレンタルの方が発生する費用を抑えて土質改良機を使用することができます。

Copyright© 2017 リサイクルが可能な土質改良機で無駄をなくそう All Rights Reserved.